2008年07月23日

ドラマ『監査法人』第6回「会社、救えますか」7月19日(土)

井上(阿部サダヲ)の殴打事件がきっかけで、粉飾が明らかになり、プレシャスドーナツの株価は急落。エスペランサ監査法人は上場させた責任を問われ、理事長・小野寺(豊原功補)は財政監督庁から処分を受ける。井上は社長のイスを追われ、健司(塚本高史)も会計士としてのプライドを失いエスペランサを辞める。健司は故郷で静養していた妻・朋美(占部房子)を訪ね、家族3人での再出発を願い出る。しかし健司は、精神的に疲れたのは仕事しか省みないあなたのせいだと責められ、娘・知香(奥山志紀)を朋美に託すことになる。何もかも失った健司だが、執行猶予の判決を受けた篠原(橋爪功)と会い、会計士となった原点を見つめ直す。そんな折、尾張部品の律山(うじきつよし)が訪ねてきて、どの監査法人からも見放された「監査難民」となっている我が社を救って欲しいと頼む…。
NHK公式HPより
posted by LIGAYA at 10:15| Comment(0) | ドラマ「監査法人」ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。