2008年07月13日

ドラマ『監査法人』第5回「夢の代償」7月12日(土曜)

2004年、小野寺(豊原功補)が立ち上げた「エスペランサ監査法人」は厳格監査をモットーに急成長していた。だが健司(塚本高史)は優良な企業だけを厚遇する小野寺のやり方に疑問を感じる。一方、小野寺は財政監督庁からあすなろ監査法人(理事長・津川雅彦)との合併を勧められ、焦りを感じていた。そんな中、健司は上京した茜(松下奈緒)と共に、井上(阿部サダヲ)のベンチャー企業・プレシャスドーナツ上場のための監査を請け負う。調査の中で加盟者から受け取った加盟金を不当に売り上げに計上している事実を知る健司だが、井上は株価を上げるためには必要だと開き直る。そして、ベンチャー企業とつながりを深めたい小野寺は健司に監査調書に判を押すように促す…。
NHK公式HPより



posted by LIGAYA at 09:03| Comment(0) | ドラマ「監査法人」ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。