2008年07月23日

現役会計士に聞く!ドラマ「監査法人」最終回を見て

ナビゲーターK
今回で、最終回でした。
全体を通しての感想ですが、
日本社会や経済の問題を多く盛り込んだ作品になりましたね。
会計士がどういう仕事なのか?という紹介にもなってます。
ただ、これを見て会計士になりたいという人が増えるのか?が
少し疑問です。
私が、このドラマで受ける会計士の印象は、非常に激務であり、
矛盾との戦いがあり、プライベート(家族や子育てなど)の時間も
もてない。というものでした。


会計士A
その部分は演出過多な部分はありますね。
たしかに、監査の仕事は大変です。決算の時期は、徹夜が続く
ことも多いです。しかし家族を大切にしてる人はたくさんいますし、
監査法人に勤める以外にも、会計士として活躍し社会に貢献できる
仕事は多いですし、プライベートを充実させている人も多くいます。


会計士B
評論家・コンサルタント・著者として活躍している勝間和代さんも学生時代に2次試験に合格し、監査法人に勤めた経験のある会計士で、シングルマザーとして子育てに仕事に活躍されていますね。


ナビゲーターK
では会計士のみなさんに伺いますが、会計士になろうと思ったきっかけは何ですか?


会計士A
大学の商学部で簿記を学んだときに、「会計」の魅力にひきつけられたのがきっかけですかね?


会計士B
私たちの世代は、ちょうどドラマの若杉や井上と同じ、ロストジェネレーション・就職氷河期だったので、国家資格に魅力を感じました。


ナビゲーターK
実際に会計士になり、監査法人に勤めてどうですか?
会計士になってよかったこと、悩むこと、はありますか?


会計士A
医者が人間の健康診断を行うように、
会社の健康診断を行うことができる、ということでしょうか?

会社の健康状態は、すべて数値で示すことができ、
その数値を読み取るためには監査の知識が必要です。

一方では、監査の現場では、治療や外科手術ができないというもどかしさもあります。


会計士B
多くの上場企業の業務にたずさわったり、多くの優秀な同僚とめぐり合うことができ、非常に勉強になり成長できたと思います。

企業の担当者の意識が低くかったり、協力的でないときは、非常にもどかしい思いをします。


ナビゲーターK
最後に、ドラマを通じて印象に残った点や感想をお願いします。


会計士A
元理事長の篠原さんの言っていた「数字だけでは見えてこないものに、目を凝らす」というのは、至言ですね。
監査にはこの力が本当に必要だと思います。


会計士B
このドラマでは、「監査法人の経営と社会的責任のジレンマ」「企業の粉飾」「監査難民」「ブラック(ヤクザ)マネー」「株式市場の問題」などさまざまな経済社会の問題がテーマになっています。ドラマでは、それぞれに関して深くほりさげることはなかったですが、多くの人が興味を持ち考えるきっかけになれば、いいんじゃないでしょうか?


ナビゲーターK
ありがとうございました。
これで、ドラマ「監査法人」を斬る!一旦終了とさせて頂きます。

このブログを読んで頂いた方もありがとうございました。
感想がございましたら、お気軽にコメント、トラックバックを
お願いいたします。





posted by LIGAYA at 11:25| Comment(2) | ドラマ「監査法人」を斬る! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ『監査法人』第6回「会社、救えますか」7月19日(土)

井上(阿部サダヲ)の殴打事件がきっかけで、粉飾が明らかになり、プレシャスドーナツの株価は急落。エスペランサ監査法人は上場させた責任を問われ、理事長・小野寺(豊原功補)は財政監督庁から処分を受ける。井上は社長のイスを追われ、健司(塚本高史)も会計士としてのプライドを失いエスペランサを辞める。健司は故郷で静養していた妻・朋美(占部房子)を訪ね、家族3人での再出発を願い出る。しかし健司は、精神的に疲れたのは仕事しか省みないあなたのせいだと責められ、娘・知香(奥山志紀)を朋美に託すことになる。何もかも失った健司だが、執行猶予の判決を受けた篠原(橋爪功)と会い、会計士となった原点を見つめ直す。そんな折、尾張部品の律山(うじきつよし)が訪ねてきて、どの監査法人からも見放された「監査難民」となっている我が社を救って欲しいと頼む…。
NHK公式HPより
posted by LIGAYA at 10:15| Comment(0) | ドラマ「監査法人」ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

現役会計士に聞く!ドラマ「監査法人」第5回を見て

ナビゲーターK
ドラマもあと2回になり、急展開ですね。
問題が、拡大化しています。
この第5回での話題はいくつかありますが、以下でしょうか
「監査難民」「監査法人の合併」「ベンチャー上場のための不正会計」
「ヤクザマネー」

まず「監査難民」というのは実際に使われている言葉ですか?


会計士A
はい。手間の割に報酬が安いクライアントや、会計上や管理上に問題がある会社などは敬遠されることがあります。特に監査法人が解散した時などは、監査難民が発生しますね。


ナビゲーターK
ずっと監査法人がみつからなかったらどうなるんですか?


会計士B
上場廃止ですね。


ナビゲーターK
武田社長(大滝秀治)の尾張部品がどうなるのか?は来週わかるようですね。

せっかく新たに「エスペランサ監査」を立ち上げることに成功した小野寺先生
ですが、さっそく合併の話がでてきて大変ですよね。財政監督庁の意向とか
言ってましたが、そんな簡単に合併しろとか言われるものなんですか?


会計士C
前回の話題でもでましたが、合併に関しては海外の監査法人の提携による影響が強いのではないでしょうか?このケースもKAMSが、あすなろ監査法人との提携を考えているという話から来ていますからね。


ナビゲーターK
いや小野寺さんの野望は夢と消えてしまうんですかね。


会計士A
やはり「公共性」を求められる監査法人では、経営という野心を持って成長させていくというのは難しいでしょうね。


ナビゲーターK
ベンチャーの上場監査が出てきましたが、ああいったフランチャイズ加盟金を売上金に計上するといった不正はあり得るんでしょうか?


会計士B
今回のケースは、考えにくいと思います。50億円が実際の店舗売上げだけか?は調べればすぐにわかることですし、証券取引所のチェックもあるわけですから、監査報告書にサインするにはリスクが高すぎますね。
小野寺さんもあれだけ厳格監査と言いながら、すこし合併を迫られただけで、粉飾を認めてしまう。会計監査に対するブレない意思は持つのは難しいんですかね。


会計士C
ドラマの中で、「何の罪もない投資家を裏切るようなことをすれば、その時点で会計士としての私は終わる」といったような台詞がありました。まさにその通りです。しかしながら、「投資家のために」を実感して働いている会計士がどれだけいるでしょうか?目の前に頑として現れることのない漠然とした存在である「投資家」を意識することは難しいようにも思えます。


ナビゲーターK
プレシャスド−ナツは、資金源があやしいようですが、いわゆる「ヤクザマネー」ですかね。


会計士C
そうですね。これも次回の放送を見ないと分からないですが、おそらく暴力団から融資を受けていたのではないでしょうかね。NHKで特集されて話題にもなった「ヤクザマネー」ですが、最近書籍にもなりましたね。
監査の仕組・制度にも問題があるという話がありますが、市場自体にも大きな問題がある気がします。


ナビゲーターK
いやー本当問題が大きすぎますね。
来週はいよいよ最終回。どいうった結末で、何を提示するドラマになるのか?
来週は全体を通した感想をお願いいたします。
posted by LIGAYA at 09:17| Comment(0) | ドラマ「監査法人」を斬る! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

ドラマ『監査法人』第5回「夢の代償」7月12日(土曜)

2004年、小野寺(豊原功補)が立ち上げた「エスペランサ監査法人」は厳格監査をモットーに急成長していた。だが健司(塚本高史)は優良な企業だけを厚遇する小野寺のやり方に疑問を感じる。一方、小野寺は財政監督庁からあすなろ監査法人(理事長・津川雅彦)との合併を勧められ、焦りを感じていた。そんな中、健司は上京した茜(松下奈緒)と共に、井上(阿部サダヲ)のベンチャー企業・プレシャスドーナツ上場のための監査を請け負う。調査の中で加盟者から受け取った加盟金を不当に売り上げに計上している事実を知る健司だが、井上は株価を上げるためには必要だと開き直る。そして、ベンチャー企業とつながりを深めたい小野寺は健司に監査調書に判を押すように促す…。
NHK公式HPより



posted by LIGAYA at 09:03| Comment(0) | ドラマ「監査法人」ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

現役会計士に聞く!ドラマ「監査法人」第4回を見て

ナビゲーターK
いよいよ検察が入り、ジャパン監査法人が崩壊しましたね。


会計士A
この話は、中央青山を題材にしているのでしょうが、法人の経営を
中心に考える「経営者」としての会計士と、「会計士としての使命感」
を考える若手会計士との間の「溝」は今でも存在するのではないでしょうか?


会計士B
メガバンクとの関係を大切しないといけないというのは
「経営者」からすると当然の考えですしね。
メガバンクの監査報酬は日本最大級、その上銀行は、あらたなクライアントを紹介してくれるので、きってもきれない関係ですね。


会計士C
現在の監査法人もそれぞれメガバンクをクライアントに持っています。
3大監査法人が3大メガバンクを見ている形です。
東京三菱UFJ ― トーマツ
みずほ     ― 新日本
三井住友    ― あずさ


会計士A
業界4位のあらた監査法人は、メガバンクのコンサルティングをやっているという話もあります。監査をしているクライアントに対してコンサルティングはできないので、必然的にあらた監査法人に依頼がまわってくるのでしょう。
いずれにしても、監査法人にとって銀行は重要な存在であることは間違いないですね。


ナビゲーターK
今回海外の監査法人が提携先を探していると来ていましたが、海外との提携はどんな意味があるのでしょうか?


会計士A
日本の企業もグローバル展開している会社が多いですし、欧米本社の日本法人も多いです。そういう場合、提携先の事務所にインストラクション(監査指示書)を送って監査をお願いすることができるんです。


会計士B
企業監査は米国のほうが進んでいます。今年からはじまる内部統制監査なども米国が先行しています。その場合に、提携先から監査ツールを使わせてもらう。というメリットもあります。
上場企業であれば、1国内で監査が完結しない場合も多いので、中堅規模の監査法人であっても海外事務所と提携している場合は多いですね。


ナビゲーターK
実際に日本の監査法人と、海外の監査法人はどのような関係になっているんですか?
日本の監査法人の歴史・統廃合と合わせて教えて頂けますでしょうか?


会計士C
私が2次試験に合格した2001年当時は、日本の4大監査法人と海外のBIG5が存在し、以下の提携関係を結んでいました。

・中央青山 - PWC(プライス・ウォーターハウス・クーパーズ)
・トーマツ - DTT(デロイト・トゥーシュ・トーマツ)
・朝日   - AA(アーサー・アンダーセン)、
・新日本  - EY(アーンスト・アンド・ヤング)及びKPMG
※新日本だけ、2つの海外ファームとメンバーシップを結んでいた)

その後、エンロン社の不正会計事件が発覚し、監査と担当していた
AA(アーサー・アンダーセン)が2002年に解散へと追い込まれました。

そこで朝日監査法人が海外提携先がなくなってしまい、
新日本と提携しているKPMGとの提携を考えました。
そこで、まず新日本のKPMG部門を独立させ、あずさ監査法人を
たちあげました。
そしてあずさ監査法人と朝日監査法人が合併し、現在のあずさ監査
となっています。


ナビゲーターK
朝日監査法人は、どうして自ら合併に動いたのに名前を
捨てたんですか?


会計士C
これは推測ですが、朝日監査法人は、りそな銀行の監査を担当した会計士が亡くなったり、社会的イメージがあまり良くなかったからではないでしょうか?


会計士B
あずさ監査法人の由来は、強さと柔らかさをかね添えた樹木の梓(あずさ)という意味と、AtoZ(全てお任せ下さい)という意味もあるそうで、海外受けも良いという考えもあったようです。


ナビゲーターK
中央青山は、2006年にカネボウの粉飾事件で業務停止になり、「みすず監査法人」に改称・清算法人となり、分離した一部の社員が、「あらた監査法人」をたちあげたんですよね。


会計士B
現在は4監査法人というより、3大+1と言ったほうが良いかもしれません。
3大監査法人
新日本 −EY(アーンスト・アンド・ヤング)
あずさ −KPMG
トーマツ−DTT(デロイト・トゥーシュ・トーマツ)

あらた −PWC(プライス・ウォーターハウス・クーパーズ)


ナビゲーターK
なるほど、大変勉強になりました。
来週からは、小野寺が立ち上げた「エスペランサ監査法人」が
いよいよ始動しますね。ベンチャーやフランチャイズなどの話も出てくるようなので、また監査の現場の話がでてくるかが期待ですね。







J-SOX法・内部統制コンサルティングならリガヤパートナーズ

posted by LIGAYA at 11:44| Comment(3) | ドラマ「監査法人」を斬る! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

『監査法人』第4回「崩壊の序曲」7月5日(土曜)

冒頭ナレーション
「1998年 金融機関が自己査定した不良債権の総額は87兆5270億円
翌年国は 7兆円の公的資金を投入だがそれでも金融機関の破綻は
とまらない。そして2001年アメリカの大企業が不正会計により
破綻。以後監査法人が厳格監査をすすめ大手金融機関が突然破綻する
ケースが相次いだのである。時代は会計士達の運命を変えようと
していた。」

2002年10月
「迷惑をかけてすまない後始末を頼む」小野寺(豊原功補)に残された吉野(勝村政信)の手紙に若杉(塚本高史)・茜(松下奈緒)は心配を隠せない。しかし小野寺は、当然とばかり、
「俺達の仕事は人の運命を左右する。そんな事もわからないで監査を
していたのか?だったら身の振り方を考えたほうがいい。これから
もっと大変なことが起こる。お前達に耐えられるか?」と冷静だ。

自殺した東都銀行の須田の通夜を訪れる若杉と茜。東都銀行の副頭取に
「あなたがたの来るべき場所じゃない。お引取りを」といわれる。
その帰り、目黒川の橋の上、悩む茜に対し「俺達は間違った事はしていない。
俺達が傷ついたり、悩んだりすることじゃない」と声をかけるが、
茜は釈然としない。

料亭で会食する理事長(橋爪功)と東都銀行頭取(竜雷太)と飛鳥屋社長(綿引勝彦)。
なぜ決算書を承認しなかったとつめ寄る2人に対し理事長は
「吉野は私の人選ミスだった決算書を書き直して承認する」という。
繰延税金資産を3年間分から5年間分に変えることで自己資本比率
が4%を超えるはずだという。

理事長室。理事長は、小野寺に対し、「君は策士だ!パートナーを懐柔し
、吉野に厳格監査をふきこみ、飛鳥屋の裏帳簿を糾弾した。財政監督庁
と何を企んでいるのか?だいたいわかるが、そうたやすくシナリオ通りに
行かないよ」と告げる。理事長が決算書を書き直し承認しようとしている
ことに気づく小野寺。理事長を激しく批難し、東都銀行の破綻は隠しきれ
ないと言うが、理事長は、公認会計士には守秘義務があり、監査法人にも
不利になる情報を外に出すやつはいないので、情報は漏れないと言う。

週刊誌の記者が、東都銀行について、若杉や茜に取材に来るが、何も答えない。


『ジャパン監査法人 東都銀行の決算を不承認か?
メガバンク破綻へのカウントダウン?』という記事が週刊誌に掲載される。
理事長は、情報をリークしたのは、若杉か茜ではないか?と二人を呼び出す。
二人とも否定するが、二人でなければ、リークしたのは吉野で、吉野を厳格
監査へ追い詰めたのは、茜ではないか?と言う。耐え切れず飛び出す茜。

小野寺は、若杉を財政監督庁に連れていく。
財政監督庁の佐藤は、若杉に対し、金融改革を進める上で、あなた方の
英断は意義ある行為だっと言う。

とあるホテルのロビー、財政監督庁の佐藤は、小野寺と若杉を
日本の提携先を探してアメリカの監査法人KAMSのスティーブ
ニコルズを紹介する。KAMSは小野寺の評判に好印象を持ち、
提携先として積極的な態度を示す。
その帰り、目の前の事(東都銀行の監査の件)で頭がいっぱいで、
まだ海外との提携や金融改革などの話が実感できない若杉に対し
小野寺は、大きく物事を考えろ、海外を視野に入れ、俺と一緒に
来て欲しいと告げる。

東都銀行に財政監督庁の財務書類の調査が入る。
銀行内は、資料隠しで大慌て。
財政監督庁の宮島局長が、頭取室をおとづれる。
飛鳥屋の不良債権をどこまで知っていたかを問う。
あなたたちの検査は横暴だと言う頭取に対し、宮島は、
確かに私たちの仕事は検査する事で、証券取引法に抵触しているか
追求するのは検察の仕事だったと告げる。

若杉は小野寺にどうして改革にこだわるのか問う。
小野寺の父は、東都銀行の役員で不正融資事件で逮捕されていた。
不正を正そうとしていたのに責任を負わさた。小野寺が会計士
になるきっかけも理不尽な金融の世界を正したかったからだった。

小野寺と若杉は、財政監督庁の吉田に誘われて、経済界のパーティーに
出席する。若杉は、そこで井上(阿部サダヲ)に偶然あう。井上は、ベンチャーでドーナツチェーンを立ち上げていた。
井上は、いままで俺達は、氷河期の世代で注目をあびる事がなかった
これからは俺たちの時代だ!若杉のやっていることは間違いじゃない
一緒に新しい時代を作ろう!と言う。

検察庁の森本(堀部圭亮)と財務監督庁の宮島(利重剛)が喫茶店で話をする。
国会で可決された金融改革関連法案をもとに、東都銀行を
一時国有化し経営者の刑事責任を問う。
宮島「東都銀行のために作った法案ですね。」
森本「あとは我々におまかせください。」

バーで一人で飲む茜。若杉がやってくる。
茜は監査法人をやめようと思うと告白する。


ジャパン監査法人緊急理事会が開かれる。小野寺は、改革委員会の
リーダーに任命される。
会議開催と同時期に東京地検特捜部が、ジャパン監査法人に家宅
捜索が入り、理事長が任意同行を求められる。
小野寺は、改革委員長として、理事長の退任を要求し、理事会で
認められる。

TVレポーター(久保恵子)「日本最大の監査法人に東京地検のメスが
入りました。ジャパン監査法人・東都銀行・飛鳥屋と粉飾をめぐる3つの組織の闇が
今あばかれようとしています。

取り調べに応じる篠原理事長。粉飾に加担した事を認める。
小野寺・若杉も取り調べを受ける。粉飾加担の首謀者が理事長である
ことがかたまって行く。

篠原理事長は、若杉は自分の若い頃に似ていたかもしれないと過去を語る。
自分も決算書のあらを見つけては得意になっていた。一流企業の社長が自分に
泣きながらひれ伏した、裁判長のような気分だったと。しかし上司に
会計士は、そこまでする権限はない。犯人を逮捕する警察じゃない。ただの
番犬にすぎないとしかられた。
監査法人は、クライアントとの絶妙な人間関係が不可欠で、その関係で企業の
成長を後押ししてきた。森本に対し、君が検察官になれたのも、監査法人が日本の
経済成長を支えたからだと言う。

退職した茜は、未練が出てきたとジャパン監査法人をおとづれる。若杉と
話としているとそこに吉野が現れる。
「現実に絶えられなくなり逃げたが、死ぬ勇気もなかった。
検察に出頭する前に職場を見ておきたかった」と

茜は、しばらく会計士の仕事を辞めて自分のやりたいことをする。
若杉は、この道しかないと会計士を続けることを伝えて二人はわかれる。

ジャパン監査法人。小野寺が新しい理事長に就任。就任挨拶とともに
新しい監査法人の名前を発表する。
「エスペランサ監査法人。ポルトガル語で希望という意味です。」






J-SOX法・内部統制コンサルティングならリガヤパートナーズ

ラベル:監査法人
posted by LIGAYA at 20:31| Comment(0) | ドラマ「監査法人」ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

監修(経済監修)八田進二

八田進二(はったしんじ)

青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科教授
金融町 企業会計審議会 委員

ドラマ「監査法人」の経済監修を担当されています。

著書も数多く出版されています。
これだけは知っておきたい内部統制の考え方と実務 (評価・監査編)
監査論を学ぶ
会計・監査・ガバナンスを考える






J-SOX法・内部統制コンサルティングならリガヤパートナーズ

posted by LIGAYA at 20:02| Comment(0) | ドラマ「監査法人」スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監修(会計士考察)「山田真哉」

山田真哉(やまだしんや)
昭和51年生まれ
公認会計士
2000年 中央青山監査法人に勤務
2004年 独立

NHKドラマ「監査法人」会計士考察を担当されています。

多数の著書で有名
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
食い逃げされてもバイトは雇うな
世界一やさしい会計の本です
女子大生会計士の事件簿
今秋にテレビドラマ化が決定したそうです!

関連ホームページ
特にこちらのブログではドラマについて投稿されています。
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記
山田真哉工房
インブルームLLP

posted by LIGAYA at 19:45| Comment(0) | ドラマ「監査法人」スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監修(会計士考察)「越山薫」

越山薫(こしやまかおる)
昭和31年生まれ 現在52歳
日本公認会計士協会東海会 会長
あずさ監査法人 名古屋事務所 副所長
秋田県出身 公認会計士

NHKドラマ「監査法人」会計士考察を担当されています。

ご本人のブログで、依頼の経緯など触れられています。
越麻呂日記

川柳をたしなまれるようで、ドラマ監査法人に関しても
いくつか読まれています。
「流行語 大賞いただき 厳格監査」

posted by LIGAYA at 19:17| Comment(0) | ドラマ「監査法人」スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。